スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OC前後のレンダリング速度【AE】

2010年08月29日 22:53

一応、BSODが出ない設定にできたので、テスト(負荷時の温度が75℃ぐらいになったけど、室温30度弱だし許容範囲だろう)

xxJulexxさんが、Nebula remixのデモをAEPと一緒に公開してくれています。

こちらのAEPをレンダリングし、OC前後でどれぐらい変わるかテスト。
Nebura-J_CM01_30s_32bpc
nebura1

    定格    :2時間38分
    180×21:1時間57分
どのようなエフェクト、エクスプレッションがどれだけ使われているかによると思われますが、これはHTが使われていませんでした。

次にこちら
Nebura-J_Xfade_30s_iTMS
nebura2

    定格    :25分5秒
    180×21:18分45秒

このAEPは、HTを使いまくっていました。

OCすれば早いのは当たり前ですが、やはり使われてるエフェクト、エクスプレッションによって速度向上はあまりに変わらない場合もあると思われます。

現在、vueでのレンダリング比較をしています。

また、BSODが出るまでは現在のOC設定のままで行くことにします。
(多分primeは通らないと思うw)

スポンサーサイト

どんげかせんといかん

2010年08月29日 10:48

AEでOC前後の比較をしようとあるAEPをレンダリングしたらBSODキタコレ

ということで設定を調整し続けています。
180-0
Vcoreを上げてBCLK180。最初の変更設定。
vue数時間のレンダリングでは問題なかった。
しかし、ながら例のAEPではまたBSOD。
決まったポイントで落ちる。
当たり前ですが、定格でレンダリングすれば問題ありません。

その後、Vcore変更したりメモリをAutoからManualで設定しつつ、落ちるAEPでテストを繰り返し中。
Prime通す以前にこれが行けないとだめだw

温度は今のところ問題ないようです。

script追加

2010年08月21日 03:36

あらかたプラグインの移行が済んだので、スクリプトの移行をした。
script
スクリプトアイコンは暫定でいくつか作ったけどダサすぎる。
後日、改めて用意しよう

ついでにkulerを入れていなかったので、こちらもインストール

快適すぎるっ

2010年08月20日 23:58

formCS5
シリアルが届いていたTrapcodeCS5対応版をさっそくレジストレーション
32bit環境から64it環境へ移行したとき(WOW64上)でも速度向上が感じられましたが、64bitネイティブ対応のCS5版は明らかに早い!

プレビューまでの(計算されるまでの)時間も早い、当然、レンダリングも快適。

32bit環境のCS3時に比べるとはっきり体感できるほどの差です。
特にformがいい感じ。

明日あたりCS3、CS5、CS5(OC)でレンダリング速度比較でも少ししてみようかと思います。

後で上図、適当プロジェクト動画をviemoにあげます。

formCS5 from m@nta on Vimeo.


ffxプレビュー

2010年08月14日 23:38

AE使い初めのころはプリセットを使いまくっていましたが、だんだん使わなくなってきました。
それでも時間が無いときやパラメーターを参考する時には重宝します。

CS5からエフェクトウィンドウのアニメーションプリセットメニューが無くなり、エフェクト&プリセットから選択する事になっています。

カラコレやスタンドアローン(もしくはそれに近い形)でプリセットのサムネイルが表示される場合はいいのですが、
particularはとり合えずエフェクト適用しても重いし、プリセットの量が多いので画像をスクリプトで埋め込んでみました。
ffx0 ⇒ ffx
Brideでの表示

jpegとアニメーションGIFを埋め込んでいます。
なぜかCS3だとアニメーションGIFが正しく埋め込まれず、CS4だとGIFも埋め込まれました。
さらにCS5では出力からアニメーションGIFがなくなっており、今回使ったスクリプトもエラーで使えませんでした。

素直にCS4で作成するしかなそうです。

相変わらず早すぎワロタ

2010年08月14日 10:28

AECS5へプラグインの残りを移行させる。
無償アップグレードのは完了。
有償アップグレードを本家直販で購入するか、日本代理店のフラッシュバックで購入するか迷う。
まぁ料金だけ考えれば本家直販の方がいいんだけどね。

Trapcodeのスーツだけフラッシュバックで注文し、残りは本家Redgiantで注文。
フラッシュバックはお盆休みなので来週にならないとシリアルが来ない・・・予想通りなのでおk

Redgiantは注文後数分でシリアルが来た。こんな早かったかなw
まぁ向こうは盆休みとか無いだろうし自動なんだろうw

全部本家で購入しても良かったが、フラッシュバックはVue日本代理店と違って、それなりにがんばっていると思うので少し継続利用。
Vueも今は本家から購入してるんだけどねw

本家で購入する場合はサポートとのやり取りなど全て英語で行う必要があります。
(あと、当然、日本語マニュアルなんかはついてきませんw)
高校英語ぐらい?のレベルで十分いけると思いますが・・・

今までトラブルはセールで注文殺到したためシリアルが中々こなかった1回だけだった。
簡単な英語のやり取りですぐ対応してくれたw

プリセットとスクリプトも移行させた。
気がつかなかったけどCS5からエフェクトのアニメーションプリセットメニュー無くなったんだな。
animation_preset

一瞬バグかと焦ったぜ。

温度大丈夫のようだ

2010年08月08日 23:13

ちょっとVueでレンダリングして温度テスト
DragoonPVで使った背景を再利用!
864×486だとあっという間にレンダリングが終わってしまうので、HDサイズで最高設定にしてみたら500時間とかかかりそうになった。

そこまではやりすぎなので5時間ぐらいで終わる設定を色々試していたら今日中にレンダリングが終わらなく(ry

near_future

室温27~30℃でコア温度は70℃超えそうにないです。
(室温に幅があるのはCPU温度上がらないのでエアコン切ったら自分が暑くなって、やはりつけたw)

BCLK以外全てAuto設定で電圧が盛られた(確か1.25vぐらい)時はレンダリングであっという間に70℃超えてた。
(この時はエアコンつけても負荷時70℃少し超えてた。エアコン切ると75℃ぐらいまでいってたと思う)
この事からも電圧下げたことにより温度問題はクリアしてそうです。

軽く数時間

2010年08月07日 21:37

01
レンダリング時間の都合上で使われなかった本来のシーンを1フレームレンダリング。
vueのように簡単にネットワークレンダリングできればいいんだが・・・

ようやくAECS5に3rdパーティプラグインを入れ始める。
とりあえず無料アップグレードの3つほど。

particular2.1早くなっているのかよく分からんな。

Trapcodeはβを削除したつもりが残っていて焦った。
プレミアと共通プラグインになっているのが別フォルダに残っていたのが原因だった(汗

いまさらOC

2010年08月06日 22:04

きりがついたので、今更ながら920を少しだけOC
まずメモ用に定格のSS(TurboVは電圧とかの確認用)
auto

次にBCLK166 BIOS上でVcore1.15v QPI1.2Vに設定して残りはAuto(TB on HTT on)
メモリ設定も面倒なのでAutoで(ry
166OC

パワーが必要になるのはレンダリング。
レンダリングは出張中の5日間放置とかよくあること、またOC初心者なので4.0Ghzとかは止めとくことにする。
チキンなOCですが、860、960の定格でのCINEBENCHスコア以上だしOK!

本来はPrime95試験とかしなければだめですが、3.4Ghz程度なら問題ないと思われるのでこのまま常用予定。
温度だけ(レンダリングで)テストしようかと思います。
一応OCを考慮して組んでいるので温度も含めて問題ないと思われます。

電圧まだ下げられそうな気がするけど定格より下げてるからいいやw

因みに旧メインマシンのQ9650はCINEBENCHスコア3.36でした。


(・ω・)

2010年08月01日 00:35



ここも3DCGで作り直そうかと思ったけど、時間の都合上そのままで(ry
form



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。