スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragoon 3DCG commentary6

2009年03月05日 21:14

さて、六角と背景の合成ですが、AE上でキーイングで簡単に合成はできます。
六角からのレンダリングではアルファチャンネルの書き出しは出来ませんが、
AE上で簡単にアルファが作れますので、必要に応じて合成に利用します。

問題は六角上のカメラワークと背景でのカメラワークをシンクロさせるのが非常に面倒なことです。
MAXやXSI(Softimage)などハイエンド統合3DCGソフトであればvueをプラグインとして使用、もしくはカメラの同期が行えます。
しかしながら六角で合成を行う場合は(当然ですが)別の方法でカメラワークをシンクロさせる必要があります。

六角の中で完結させる方法
①背景を天空MAPに書き出し六角上貼り付ける→試してないので分かりませんが天空MAPを六角に貼り付けることができれば可能ですが、できるのだろうか
②大きな静止画背景を用意し、六角内で書割として使用(六角内の板ポリに貼り付ける)

vue内で完結させる
③六角で書き出した動画をvue内の板ポリに貼り付ける(要するにペラペラミクさんをvue内に配置)

AE上で処理する
④静止画背景、動画背景をパノラマ形式で用意し、プラグインHorizonで処理する。
⑤六角内でのカメラワークとvue内でのカメラワークをシンクロさせAE上で合成する。

これぐらいしか思いつきませんね。
今回はほぼ全てAE上で処理しました。見れば分かると思いますが、1シーンのみ④他は全て⑤の方法で合成しています。
(①、③の方法はvueのグレードによっては出来ません)

ではどうやってシンクロさせるのか・・・これは手動で合わせました。本当にこれがつらかった。
実は「Far away PV」の時にこの手法を一部試していました。しかもvue内のカメラなどの位置、角度情報の数値を計算して、六角内のカメラの位置、角度情報に変換してうまくいかないか試行錯誤しましたが、結論として無理でしたw
なので手動で合わせるしかないなということでひたすら調整→合成→調整してました。

長くなったのでこれぐらいで、続きにいつもの
D2-24 D2-25
左:唯一上記④の方法による合成です。Horizonを使う場合、非常に大きなサイズの静止画(動画)が必要になります。本来なら6,000×4,500ピクセルぐらいのものが必要なのですが、動画にしたためレンダリング時間の関係上そこまでのものは用意できませんでした。カメラワークは悪くは無いとは思いますが、もう少し詰めたほうがよかったですね(→気力が(ry)
AEで霞っぽいものを加えていますが、あまりうまくいきませんでしたorz
モーションは本当に適当です。最後の最後まで手付かずで、いやになりながらつけてましたw
右:静止画だといい感じなのですが、こここそもう少しカメラワークに動きをつけたほうがよかったです。
左と同様にAE上でかなり加工しています。

D2-26 D2-27
左:歌詞に合わせたシーン。砂丘が綺麗に見えつつスピード感をあまり下げないようにするため、カメラワークの調整に何度もレンダリングした記憶が・・・。初音さんは当初ははっきり写っていませんでしたが、後半ミクさんの顔があまり大写しになっていないこともあり、表情が良く見えるように変更しました。
砂嵐の表現がうまくできず絶望してました。あとから直すことも考えましたが結局そのままに・・・
右:カメラワークシンクロ地獄(上記⑤の方法)・・・カメラを合わせるだけでかなり時間がかかった。いやになるほどに。
製作終盤までは水面に影が二つ(月明かりの反射と影)写っていましたが終盤の諸事情の処理により消えましたorz
服とかスカートのなびきはつけてもあまり見えないので必要なかったかも。
髪のなびき方がおかしいのはわかってました。何度か修正しましたが、これ以上はやる気がしなかっ(ry
AE上でかなり強く色調補正などの加工をしたので月が真っ白になってしまった(元はウサギさんが見えていたらしい)・・・まぁいいかという感じです。

D2-28 D2-29

左:ここもカメラワークシンクロ地獄・・・。AE上で色々処理してしまったのであまり見えませんが、エフェクト適応前では風紋もはっきり写っていたため、いい加減なカメラあわせだと違和感があったので苦労しました。
当初は足跡をつけようと四苦八苦してましたが、色々ためしてもうまくいかないので最終的には足跡は→なにそれ、ということにしました(ぇ
ここの砂嵐はAEで加えています。
右:もう少し表情に変化をつけたほうが良かった気がします。
涙ウルウルをAEで加えましたが、これもそれっぽく見えるまで調整に時間かかったなぁ。
落ちる涙は手抜きでしたw
このあたりの一連のシーンは夜なので、本来ならもっと暗く、初音さんもはっきり見えないはずですが、意図的に明るくしています。そうしないとなんだか分からないから仕方ない・・・
一応、次の流れを考えて一部地平線を少し明るくして夜といっても朝に近い時間帯という勝手な解釈をしましたw

今日はここまで
スポンサーサイト


コメント

  1. おら | URL | -

    Re: Dragoon 3DCG commentary6

    カメラの動きとVUEの調整は、すごい時間と労力と感がいると思います。
    自分も今その課題で、もがき苦しんでいるところです、しかしこれをクリアー
    出来ないと次ぎえと進めません。
    mantaさんの技量と、センスが百分の一でも自分に欲しいと思うこの頃です。

  2. 通りすがり^^; | URL | DlS0Lzv.

    Re: Dragoon 3DCG commentary6

    背景とのシンクロ 想像でしかありませんが、
    燃え尽きて、真っ白な砂漠の砂になってしまいそうなぐらい
    たいへんなんだろうなぁ~とおもいます。
    こんなことを全編に渡ってやりとげるとは さすがです。

    砂漠のシーンは後半の中でもスゴクイイナ~とみさせて
    いただいてました。
    特に砂漠の中を歩く感じはとっても
    う~~んしょ う~~んしょという感じがあって
    雰囲気が出ていたように思います。^^
    足跡があったらさらに すごごご~~~だったかもw

    つぎはいよいよ 飛行石がないので 落ちてく~~~っ
    というシーンですかね?ww 
    ワクワクして待っております。

  3. manta | URL | -

    Re: Dragoon 3DCG commentary6

    >おらさん
     簡単に調整できるといいんですけどね。ある程度、感でやって(ry
     接地部分を写さないようにすると比較的違和感がでません。
    >通りすがり^^;さん
     歩くシーンも結構手抜きです。髪のなびきも変ですが、得意技の・・・見なかった事にしようが発動しました。
     足跡は勘弁してくださいwww
     落ちてくシーンは明日で(ry

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mantamovie.blog50.fc2.com/tb.php/121-5f7c9738
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。