スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

970 4.0GHz

2011年02月27日 17:15

970_160vue
i7 970
160×25(4.0GHz)4時間48分48秒→17,328秒
133×25(定格)   5時間43分34秒→20,614秒
参考 i7 920OC
190×21(3.99GHz)6時間49分33秒→24,573秒
180×21(3.78GHz)7時間15分09秒→26,109秒

さすがに全スレッド100%使うレンダリングでは差がでます。
970定格に比較して約84%短縮(クッロクアップ率とほぼ同じ)
920約4GHzに比較して約70%に短縮

AEbench
Win7 64bit i7 970OC 4.0GHz HTT ON 12GB(複数ON CS5 他に0コア)
Fractal 10秒
Burning Man 70秒
うーん昔(AE6.0時代につくられた)ベンチだからFractalじゃ負荷が弱すぎて誤差が出るんだと思う。

いつものNebulaAEPテスト

Nebura-J_CM01_30s_32bpc
nebula970_160
i7 970
160×24(3.84GHz):1時間57分
(このAEPではTBがかからず24倍、HTも使い切らず、6コアも100%使い切っていなかった)
参考 i7 920OC
180×21(3.78GHz):1時間57分
190×21(3.99GHz):1時間50分

CPUクロック依存でコア数スレッド数はあまり貢献できないようです。

Nebura-J_Xfade_30s_iTMS
xfade_970_160
i7 970
160×25(4.00GHz):14分1秒(841秒)
参考 i7 920OC
190×21(3.99GHz):18分39秒(1,119秒)
こちらは25倍で12スレッドをほぼ100%使用。
約75%に短縮。

AEの場合はコア数HT数に必ずしも比例しないようです。
クロック数がより影響するんじゃないかなぁ。
ただ時間かかるのは主に3DCGのレンダリングなのでOK
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mantamovie.blog50.fc2.com/tb.php/362-01cbbed0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。